支援委員の役割

部局における役割

  • 支援委員(アクセシビリティセンター会議メンバー)は,部局における支援の要となります.
  • 部局レベルでは,学生,教員,事務員間の交渉・連絡・調整を行います.
  • 授業担当教員に通知する「配慮願い」も支援委員の名前で送付されます.
  • 授業担当教員に, 講義内容を問い合わせたり,「身体等の障害により修学上の困難がある学生(以下、障害学生)」のニーズや授業中の留意事項を伝えたりして,理解と協力が得られるように調整し,必要とされる支援体制の整備を行います.
  • 教授会で,修学支援に関わる情報を報告し,部局内での理解を促進します.

全学的な役割

  • 全学レベルでは,障害学生の所属部局と授業開設部局との交渉・連絡・調整を行います.
  • 部局レベルで対応できない問題については,企画部会や,センター会議で検討します.

支援委員が関与する主な支援制度

  • 障害学生の合格後相談に,要請があれば出席します.
  • 障害学生が授業担当教員への「配慮願い」の送付を希望している場合,対応を検討します.
  • 障害学生が期末試験の特別措置の申請をする場合,内容を検討した上で,申請書に署名をします.