連携事業

アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)

 広島大学と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都)が情報社会を担う人材育成推進のための協力関係の取り組みの中でアクセシビリティリーダー育成プロジェクトが平成 16 年 10 月に開始しました。
「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」は、教育課程と資格認定及び資格取得者を対象としたインターンシップ・キャンプ(研修合宿)からなる先進的な人材育成・活用プログラムとして、平成 18 年に本学が日本の大学で初めて完成させました。
 第1期(平成 18 年度)から第4期(平成 21 年度)までは広島大学の学生を対象として育成を行ってきましたが,社会に開かれた人材育成と人材活用の場の開拓を図るため,平成 21 年に,産学官連携による「アクセシビリティリーダー育成協議会」(事務局・広島大学)を創設し,第5期(平成 22 年度)より,他大学での ALP 実施および,大学教職員向けの育成プログラムを開始しました。また,第6期(平成 23 年度)からは,企業会員においても社会人を対象としたALPが実施されています。

  • アクセシビリティリーダー育成協議会 会員(H21年度~)
  • アクセシビリティリーダー育成協議会事務局の設置(H21年度~)

UE-Net(Universal Design in Education Network)

  • UE-Net 会員(H26年度~)
  • UE-Net事務局の設置(H26年度~)

文部科学省:社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業

  • 京都大学 学生総合支援センター(代表校)※事業本部
  • 広島大学 アクセシビリティセンター(共同校(連携校))

文部科学省より「社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業委員会」による選定結果を踏まえ、
本事業を含め2件の事業が採択されました。
(文部科学省HPより一部抜粋)