第7期アクセシビリティリーダー育成プログラムが始まります

第7期アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)が始まります。
広島大学では、多様な可能性を開拓し「人に優しい社会」をリードする人材=「アクセシビリティリーダー(AL)」の育成を目指して、ALPを実施しています。広大生であれば誰でもチャレンジでき、意欲に応じたステップアップが可能です。
広大生のみなさん!誰にとっても身近で大切だけど、実はよく知らない「アクセシビリティ」について学んで、AL資格取得をめざしてみませんか?

●所定の教育課程を修了し、認定試験に合格するとAL育成協議会が認定する「1級AL」または「2級AL」の資格が取得できます。
●資格取得後は「ALインターンシップ」や「ALキャンプ」への参加が可能になります。

第7期ALP教育課程の実施スケジュール

(WebCT)
1. オンライン・アクセシビリティ講座(入門編):随時受講可
2. オンライン・アクセシビリティ講座(基礎編):随時受講可
(教養教育科目)
3.「障害者支援ボランティア概論(2セメ)」:夏季(9月第5週)集中
※7月より履修登録開始
4.「障害学生支援ボランティア実習B(1セメ)」
5.「障害学生支援ボランティア実習A(2セメ)」
6.「環境・情報アクセシビリティ研究(3セメ)」(東広島)木9/10時限
または
「環境・情報アクセシビリティ研究(4セメ)」(霞)夏季(9月第2週)集中
※7月より履修登録開始

第7期AL資格認定試験の実施について

どちらも12月上旬に実施予定(同日実施)
2級AL認定試験〈受験資格〉教育課程1.2を修了していること。
1級AL認定試験〈受験資格〉教育課程1.2.3.4.5.6を修了していること。

Comments are closed.