障害学生支援ボランティア実習A,B

障害学生支援ボランティア実習A

開講部局 教養教育
科目区分 領域科目
開設期 1年次生   前期・1ターム / 後期・3ターム
曜日時限 集中  ※ガイダンスの時に空きコマ登録を行います。空きコマの中から「レギュラー講習」「個別練習の曜日・時限が決まります。

障害学生支援ボランティア実習B

開講部局 教養教育
科目区分 領域科目
開設期 1年次生 前期・2ターム/後期・4ターム 
曜日時限 集中  ※ガイダンスの時に空きコマ登録を行います。空きコマの中から「レギュラー講習」「個別練習」の曜日・時限が決まります。

概要

空きコマを利用して支援活動を行います。
身体の障害等が原因で、「見えない」「聞こえない」「読めない」「書けない」「上手く話せない」「体調が不安定」「移動が困難」といった修学上の不自由を抱えている学生の支援活動を行います。
(1)本学に在籍する障害のある学生のための修学支援活動(点訳、字幕作成、筆記通訳、移動介助等)
(2)広島大学の修学環境のユニバーサルデザイン化活動 (アクセシビリティ調査・モニタリング等)
(3)支援技術演習(筆記通訳、ガイドヘルプ、手話、点訳、ICT支援技術等)
が修学支援活動の内容に含まれます。 これらの活動を通して、誰もが学びやすい修学環境の構築に貢献するとともに、支援活動に関する経験を積み、支援ニーズや支援方法への理解を深めます。学びながら支援技術を習得し実践経験を積むことができます。

「障害学生支援ボランティア実習A,B」履修の流れ

  1. ガイダンスアナウンス:「もみじ」で詳しい日程をアナウンスします。
  2. 履修登録期間:通常の講義と同じです。
  3. ガイダンス:空きコマ登録を行います。
  4. 活動日決定:「もみじ」で活動日を確認し、活動を開始します。

実習の様子

実習の様子