アクセシビリティセンターの役割

広島大学の修学支援とアクセシビリティセンター

  • 広島大学では,「すべての学生に質の高い同一の教育を保障すること」を基本方針とし,身体等に障害のある学生(以下,「障害学生」)の修学支援を積極的に行い,物理・情報・制度・心理的にアクセシブルな誰もが学びやすい修学環境を整備することに,全学で取り組んでいます.
  • 身体等に障害があり,修学上の困難や不自由がある学生は,所属部局(学部,大学院,専攻科)に対して「支援の申請」を行うことができます。
  • 支援の申請があり,支援が必要と認められる学生に対しては,所属部局が主たる責任部局となり,合理的な配慮と支援を行います。
  • アクセシビリティセンターは全学的な見地から,支援を実施する部局に対して,「支援方法の提案」や「支援技術の提供」,「支援者の育成および派遣」等を行っています。
  • アクセシビリティセンターは,広島大学における障害学生支援,アクセシビリティ支援の拠点機能を果たしています

修学支援におけるアクセシビリティセンターの役割

全学支援体制の図:副学長の下に全学会議を設置。責任の主体である部局をアクセシビリティセンターがサポート。

  • アクセシビリティに関する相談窓口
  • 支援方法の提案
  • 支援技術の提供
  • 支援者の育成および派遣
  • 点訳・字幕等の教材作成支援
  • アクセシビリティに関する助言
  • 学内のアクセシビリティ推進

アクセシビリティ教育と人材育成

  • 広島大学では,「人に優しい社会をリードする人材」を育成する「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」を平成18年度よりスタートさせ,①アクセシビリティ教育課程②資格認定制度③学外研修会(ALC)④インターンシップ(ALI)を実施しています.
  • 平成21年度には,産学官連携による「アクセシビリティリーダー育成協議会(ALPC)」を発足し,平成22年度からALPはオープン化されました。広島大学で開発されたALPは,大学の中で閉じない,社会に開かれた先進的な人材育成プログラムとして今後の発展が期待されています.

支援方法の研究・開発

  • 従来の大学教育や修学環境は,必ずしも多様な学生を修学を想定して創られたものではなく,多様な学生のアクセシビリティを担保するための,教授法の工夫,情報支援,教育支援が必要な場合も少なくありません.
  • アクセシビリティセンターでは,ICTを活用した教育支援方法,ユニバーサルな教授法など,支援方法の開発に取り組み,人材育成の取組と合わせて,高等教育および社会全体のユニバーサルデザイン化の推進を目指しています