アクセシビリティとは?

アクセシビリティとは?

「何か」に対する「アクセスのしやすさ」のことを「アクセシビリティ(accessibility)」といいます。

「アクセス(access)」という言葉は,「到達する」,「利用する」,「接近する」などの意味を持つ言葉で,「交通アクセス」や「WEBサイトにアクセス」といった表現が日常的に使われています。
「アクセシビリティ」という言葉も,「利用可能性」や「利用しやすさ」「参加しやすさ」といった意味でよく用いられるようになってきています。
特に,障害がある人や高齢者を含む,多様な利用者にとって「利用可能性」や「利用しやすさ」といった文脈で良く用いられています。
アクセスする対象の「何か」には,情報やサービス,製品や制度,など様々なものが含まれます。

高等教育とアクセシビリティ

  • 近年,高等教育機関で学ぶ学生の学生層も,障害の有無や年齢,国籍など多様化が進んでいます。
  • 高等教育機関には,多様な学生に対する学習機会を担保し,多様な人材を育成していくことが求められています。
  • 高等教育機関が,多様な人材を育成していくためには,多様な利用者を想定した「アクセシビリティ」の推進が必要になります。